Page Top                       2015/12/04 22:14:48

森の湯トップ  English Top 第一章(男声の特質)  歌集トップ  レコーディング方法  森の音響空間
男声の特質シリーズ第(男声のサウンドスペクトラム的特質について 男声の特質ーその1; ビブラートの性質と倍数波による重層的和音と現代音階の不協和音について その2: 和声とビブラートについて 男声歌唱のオーディオ再生について 男声歌唱のレコーディングにおける留意点 歌唱発声における物理的・身体的要因-進化論的考察 音階移動速度と身体の共鳴空間および部屋の残響時間の関係 男声歌唱のレコーディングにおける留意点-その2:最大音量 男性の低音限界発声について 男性の最大声量とスペクトルの歌唱言語による違い 11 男性の身体共鳴周波数と共振支配による発声波形の量子化と声量の関係の解析   声帯振動と非声帯振動の比較と歌声 男性の超広帯域発声ーバスとテノール声区の連結 バスとテノール連結声区の声洞の物理サイズの計算)章
 
極低音発声における身体共鳴 可聴周波数外発声における声帯の自由振動  可聴周波数帯域への挑戦-男声の周波数特性と倍音のマジック 男性の超低音発声における量子数


  ここでは、男性の発する低音のうちで、可聴周波数帯だが、歌唱限界以下の周波数に焦点をあて、そこで起こる身体共鳴の様子を観察してみます。発声とピアノの音との比較も示しています。

  男声低音声区として一番低いのがバスで、基本波の周波数としては、D2-D4くらいまでです。 しかし、なかには、B1くらいまでの要求のある曲もあります。 そこで、ここでは、そういった下限以下の発声の振動要素と共鳴要素をすこし詳しくしらべてみることにします。 まず、歌唱下限のD2です。 それから音階をさげてE1とB0を得て、周波数解析し量子数と身体共鳴の様子を調べてみました。 また、このB0(30Hz)については、ピアノの低音弦の音とも比較してみました。


 図-1.  低音領域における発声の倍数波パターン: D2
男声超低音 74Hz D2 歌唱限界での量子化と身体共鳴
  まずは、上の図ー1に示したのは通常の下限のD2で、発声は母音の”あ”です。 D2では、BR1に相当する共鳴要素は825Hzくらいですので、通常の630Hz付近にくるBR1とは200Hzも高く、だいぶ様子が違います。 続いて、42Hz E1、そして30Hz B0, 最後にピアノのB0です。   
図-2 低音領域における発声の倍数波パターン: E1
男声超低音 42Hz E1ー 歌唱限界以下での量子化と身体共鳴
図-3. 低音領域における発声の倍数波パターン: B0
男声超低音 30Hz B0 歌唱限界以下可聴周波数での量子化と身体共鳴
男声超低音 30Hz B0 ピアノの低音弦ー 歌唱限界での量子化と身体共鳴
図-4. 低音領域におけるピアノの倍数波パターン: B0
 
しかし、さらに下がると基本波の記録はさらに小さくなります。 30Hzの場合は、基本波は同定が困難なほどレベルが低く記録されていますが、2倍、3倍、4倍とみていくと、30Hzきざみの倍数波となっていますので、音階である基本波は30Hz B0であることが推定されます。 そこで、ピアノのB01と比較したのが次です。 ピアノの場合でも、基本波の記録は非常にちいさいとともに、この声と比較して鳴らしてみると、B0に聴こえますし、パターン的にも、倍数波がぴったり合いますので、基本波は30Hz B0であることがわかります。 このB01の場合でも、BR1相当域には、620Hzと800Hzの2つの共鳴が存在することもわかります。これらはどこの共鳴に相当するかと解剖学的に見たときに、波長サイズからすると、発声を下げたことにより、サイズが縮小したのはどこかということになります。 左右の肺や肺葉の部分の共鳴なのかもしれません。 
さて、このように発声周波数を下げていくと、可聴周波数帯でも、下のほうの1倍波の記録は困難になります。 これは、マイク、アンプ、ADコンバーターなどの変換・増幅系の周波数特性です。 ピアノの低音弦でも同じことが起こっていますね。 再生してみると、低い深い響きがなくなっています。 また、人間の聴覚でも低音の感度は悪いので、低音の録音再生が限界に近づくとよりいっそう聞こえなくなります。 しかし、ここの示した発声周波数は、歌唱に使う範囲外ですね。 歌唱範囲は、合唱のバスパートで、F2-D4が一般的で、独唱の場合は、D2-F、といわれますが、さらに低い声が要求されるケースでもG1までですので、それ以下は楽譜がないので、音楽的な意味はありません。 しかし、人間の身体共鳴や声帯振動の状態の観察と理解には役にたちます。 さらに詳しい極低音の共鳴構造については追加データーと解析があります:男性の発する低音から可聴周波数以下の極低音の共鳴構造
資料室  

      超低音男声の発する可聴周波数以下の超低音は聴こえるのか?
      超低音共鳴男性の超低音発声における周波数解析パターンと身体共鳴の遷移転換
      極低音の共鳴男性の発する低音から可聴周波数以下の極低音の共鳴構造
      男性の声区声区よさらば!ー男性歌声の自然な声量とオクターブおよび男性声区との関係
      量子化現象男性の歌声の量子化現象についてー音程と倍数波ーその1
      量子化現象2男性の発声の量子化現象についてー音程と倍数波ーベートーベンのトリック
      歌声と話し声歌声と話し声ーその1-歌声はどこに響いて発生するのかー声洞共鳴の存在について
      声道と声洞声道と声洞はどう違うのか?
      音程と倍数波音程と倍数波ーその2: 音階と倍数波との和合性と不和合性
      音楽PTSD音階に関する議論での不足点と音楽PTSDとベートーベンの感性
  1. 録音方法   歌集のレコーディング(録音)方法について  男声アカペラ歌唱再生に適した機器
  2. 男声の特質シリーズ
    男声のサウンドスペクトラム的特質について 男声のサウンドスペクトラム的特質について
    男声の特質ーその1; ビブラートの性質と倍数波による重層的和音と現代音階の不協和音について 男声の特質ーその1; ビブラートの性質と倍数波による重層的和音と現代音階の不協和音について
    その2: 和声とビブラートについて 男声の特質ーその2: 和声とビブラートについて
    男声歌唱のオーディオ再生について 男声歌唱のオーディオ再生について
    男声歌唱のレコーディングにおける留意点 男声歌唱のレコーディングにおける留意点
    歌唱発声における物理的・身体的要因-進化論的考察 歌唱発声における物理的・身体的要因-進化論的考察
    音階移動速度と身体の共鳴空間および部屋の残響時間の関係 音階移動速度と身体の共鳴空間および部屋の残響時間の関係
    男声歌唱のレコーディングにおける留意点-その2:最大音量 男声歌唱のレコーディングにおける留意点-その3:最大音量
    男性の低音限界発声について 男声の特質ー低音限界発声について
    男性の最大声量とスペクトルの歌唱言語による違い 最大音量とスペクトルの歌唱言語による違い 
    11 男声の発する可聴周波数以下の超低音は聴こえるのか?
    男性の身体共鳴周波数と共振支配による発声波形の量子化と声量の関係の解析   身体共鳴周波数と共振支配による発声波形の量子化と声量の関係の解析
    声帯振動と非声帯振動の比較と歌声 声帯振動と非声帯振動の比較と歌声
    男性の超広帯域発声ーバスとテノール声区の連結 男性の超広帯域発声ーバスとテノール声区の連結
    バスとテノール連結声区の声洞の物理サイズの計算 バスとテノール連結声区の声洞の物理サイズの計算
  3. 自然界の音響
    1. 夏の森のセミの喧騒の中に浮かび上がる夏のウグイスの声ーForest acoustics
    2. 春のウグイスの声と森の音響空間

ページトップへ         森の湯トップ  歌集トップ   男声の特質シリーズ(資料室)